県産木材フェア

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日10月18日(日)
藤田の岡山相互市場の県産木材フェアに出展しました!


智久木材からは1.5坪タイプの片流れ屋根で壁面に「森の力」
を使ったの「森の小部屋」を出展しました!!


今回は構造体に森の力を落としこんだ状態、いわゆるスケルトン状態での出展なのですが
もう既に壁ができあがっているのでスケルトンではないですね・・・。

この小さな木の箱に興味を示してこられたお客様からは大変良いお言葉をいただきました!
子供部屋に
ガレージに
お父さんの隠れ家に

皆さん色々な用途を思い描いておられました。
森の小部屋は板倉工法といって
わずか半日でこの状態まで建て起こせるのが特徴で
工期短縮、大工手間短縮に一役買います。

ひいてはトータルコストを下げる事につながり更に全面無垢材での仕上げとなるので非常に合理的な建築方法だと思います。



県産木材フェアは大変多くのお客様でにぎわっていてお隣で行われていた真庭プレカットさんの餅投げの時は人で埋め尽くされていました。

こういったイベントがもっと増えれば木のよさをもっと多くの人に知ってもらえる事につながるでしょうね。


岡山で木材販売加工・ウッドデッキ・木製マウスパットといえば「智久木材」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tomohisamokuzai.jp/mt/mt-tb.cgi/64

コメントする

アーカイブ